戸籍について

戸籍の成り立ち

戸籍『年式』の移り変わり
明治5年式戸籍 明治5年の干支が壬申(みずのえさる)であることから、壬申戸籍(じんしんこせき)と呼ばれる。身分関係の記載があることから、法令により、閲覧不可能。
明治19年式戸籍 明治19年10月16日から明治31年7月15日までに作成された戸籍
明治31年式戸籍 明治31年7月16日から大正3年12月31日までに作成された戸籍
大正4年式戸籍 大正4年1月1日から昭和22年12月31日までに作成された戸籍
昭和23年式戸籍 昭和23年1月1日以降に作成された戸籍
現在戸籍 平成6年以降に作成された戸籍。紙で管理(利用)していた戸籍をコンピューターで管理できるようになる。

近代的な戸籍制度は明治5年からはじまりましたが、明治5年に編成された壬申戸籍(明治5年の干支から「じんしんこせき」と呼ばれる。)は、差別問題に繋がる記載があるため、閲覧ができません。
したがって、この壬申戸籍が廃止される明治19年10月15日以降に作られた戸籍から取得が可能となります。(現在、戸籍の保存期間は除籍になってから150年のため、空襲や天災などにより焼失または、旧法適用(保存期間80年)により自治体で処分しない限りは、戸籍の取得は可能です。)
大正4年式戸籍までは現在の『夫婦』ではなく、『家』単位で戸籍が作られています。
そのため、大正4年式戸籍の及び、それよりも前の戸籍(実務的には昭和30年より前に作られた戸籍)が多く取得できれば、直系だけでなく傍系のご先祖も判明することができ、情報の多い家系図を作成することができます。

戸籍に使われるの用語

戸籍の用語 説明
本籍地 戸籍の所在地。旧戸籍法の本籍地は基本的に住所であったため、本籍地と住所が一致する可能性が高い。(特に昭和23年より以前)
戸主 家の統率者としての身分を持つもの。家族に対する扶養義務を負う。(旧民法の家制度に規定された)
女戸主 女性が戸主なること。
入籍 婚姻や養子縁組などを理由に他の戸籍から入ること。
入家 養子縁組などにより他家の戸籍に入ること。(旧民法の家制度に規定された)
入夫婚姻 婚姻時に夫が女戸主である妻の戸籍に入ること。
婿養子縁組 婚姻と妻の親との養子縁組を同時に行うこと。
隠居 戸主が生前に家督(戸主たる地位)を相続人へ譲ること。
家督相続 戸主の隠居や死亡により、子供などにその座を引き継ぎこと。
死跡相続 戸主の死後に相続人を決めて相続すること。
分家 戸籍に属する家族が、その戸籍から分離して新たに一家を創立すること。
除籍 死亡、婚姻、離婚、転籍などにより、従前の戸籍から抜けること。
分籍 従戸籍から除籍してその者を筆頭者とする単独の戸籍を新たに編成すること。
離籍 戸主が移住指定や婚姻など従わない家族を戸籍から排除すること。
復籍 婚姻・養子縁組で他の戸籍に入った者が、離婚・離縁などにより、前の戸籍に戻ること。
復籍拒絶 戸主が復籍と拒絶すること。
一家創立 入るべき戸籍が無い者が、新たに家を作ること。
廃家 戸主が家族を連れて他の家に入るため、元の家を廃すること。
絶家 相続人がおらず、家督相続ができず家が消滅すること。
廃絶家再興 廃家・絶家した家を、縁故者が戸主となり再興すること。(但し、財産など権利を引き継ぐことはできない)
未帰還者に関する特別措置法により、死亡とみなす。 戦時死亡宣告(家庭裁判所に戦時死亡宣告の申し立てを行い、宣告を受ける)により、死亡とみなされること。